ブログ記事タイトルを決めるコツ|すぐに使えるテクニックも教えます

ブログ タイトル コツ
草野さん
草野さん

完ペキな記事が書けたのに、ぜんっぜん読んでもらえへん。ワイがおっさんだからやろか?

がじゃろぐ
がじゃろぐ

いえいえそんなことはありませんよ(汗)結論から言うと、記事のタイトルを魅力的にすればいいんです。

  • ブログ記事のタイトルを決めるコツを知りたい!
  • 記事の表示回数は多いのにクリック率が低すぎる!

今日はこんな悩みにこたえていきますよ。

この記事を読んでわかること

・SEO対策に効果的な記事タイトルの決め方6パターン

・記事タイトルが重要な理由とNG行為

・読まれる記事タイトルの10個のアピール方法

ブログを運営している人のほとんどが、GoogleサーチコンソールやGoogleアナリティクスを利用していますよね。記事の表示回数は割と多いのにクリック率が低くて悩んでいる人は多いです。

リライトするには時間やテクニックもいりますし、もっと手っとり早く記事のクリック率を上げたい人は記事のタイトルを変えてみるのもありですよ。

この記事では記事のクリック率を高めるタイトルの作り方を解説していきます。

それではさっそく進めていきましょう!

クリック率を爆上げできる記事タイトルの作り方

記事 タイトル コツ

  • タイトルにキーワードを含めて内容を明確にする
  • タイトルは32文字前後で考える
  • 想定読者のジャンル、レベル感を伝える
  • 数字を盛りこんで具体的に表現する
  • メリットよりもベネフィットを伝える
  • 失敗を怖がる想定読者の心に訴える

この6つを意識してタイトルを決めることで、あなたの記事が読まれる確率はグーーーンとアップしますよ。

ひとつずつマスターしていってくださいね。

タイトルにキーワードを含めて内容を明確にする

キーワードにタイトルを含めることで、検索順位に大きな影響を与え、クリック率を高めます。

検索エンジンは、タイトルに含まれるキーワードを重要視しています。

なので、キーワードはなるべくタイトルの前半、左側に入れたほうが効果的ですよ。

狙ったキーワードは、組み合わせでもOKです。


タイトルは32文字前後で考える

SEO効果を狙うと、タイトルは32字前後がベストです。


なぜなら、検索結果に表示される文字数がPC画面でも、スマートフォンの画面でもおよそ32文字前後だからです。

また、タイトルは2つの文章に区切ることで、魅力もより高まりますよ。


ひとつの文章の場合

副業で月に5万円稼ぐ5つのステップを、副業歴4年のボクが教えます。


ふたつの文章の場合

副業で月5万円を稼ぐ5つのステップ|副業歴4年のボクが教えます。


たくさんのキーワードを入れたい気持ちもわかりますが、ここでは

  • キーワードを含める
  • タイトルに興味を持ってもらう

のみに意識を集中しましょう。


想定読者ジャンル、レベル感を伝える

想定読者に、「この記事は私のために書かれている!」と思わせればOK。

タイトルから、この記事はこんな人へ向けての記事ですよ、と伝えるためにターゲットとしている読者、またはそのレベル感を示してあげましょう。


想定読者を伝える

・美容師さん必見!
・スペイン旅行にいく前にチェック!
・ビール腹が気になり出したら…


レベル感を伝える

・ベテランブロガーさん向け
・バスケ初心者がまず覚えておきたいこと
・副業で月収◯◯万円を目指す!


数字を盛りこんで具体的に表現する

数字を使うことで、読者の常識とのギャップを伝えられます。


例文1

誰でも稼げるおすすめの副業

→誰でも月に5万円稼げるおすすめの副業9選


例文2

1ヶ月で痩せる簡単ダイエット法

→1ヶ月で-8.7kg!3ステップ簡単ダイエット法


数字を効果的に用いることで、読者は思わずクリックしてしまう確率が高くなりますよ。


メリットよりもベネフィットを伝える

「メリット」とは商品の機能面で、「ベネフィット」とは商品によって得られる明るい未来のことです。

ワイヤレスイヤホンを例に「メリット」と「ベネフィット」について説明しますね。


メリット=機能面

・ワイヤレス
・防水
・ノイズキャンセリング
・1回の充電で10時間使用可能


ベネフィット=明るい未来

・ワイヤレスなのでお散歩中も気になりませんよ
・ランニング時も汗を気にせず快適に走れます
・勉強に集中できすぎて、時間があっという間にすぎてしまいます
・残りのバッテリーを心配することなく旅行もできます


ポイントは想定読者を「主語」として伝えることです。

「ベネフィット」についてさらに詳しく解説している「ドリルを売るには穴を売れ」「ポチらせる文章術」は、ブログで収益を発生させたい人にとっては読むべき本なので、手元に置いておくとイイですよ。


失敗を怖がる想定読者の心に訴える

この記事を読んだ結果、「失敗しない」「損しない」ということを伝えましょう。

なぜなら、人は誰しも「成功する」よりも、「失敗したくない」「損したくない」という欲求が強いんです。


タイトルに使える注意喚起

・「知らなきゃ損!」
・「◯◯に注意!」
・「絶対にやってはいけない◯◯」


読者が失敗しないような記事で、しっかりとサポートしてあげることで、あなたの記事を選んでくれた読者の期待値を満たしてあげることができますよ。


検索エンジン利用者の反応を確認してみる

記事 タイトル コツ

記事のタイトルは、本で言うところの背表紙です。

本屋さんで本を選ぶとき、背表紙で選んでいませんか?

あなたにとって魅力的なタイトル、「この本は自分のための本だ!」と思わせてくれるタイトルがあれば思わず手にとってみてしまうはずです。

記事も同じで、あなたが検索エンジンで検索した結果、魅力的な記事タイトル、「この記事は自分のために書かれた記事だ!」というタイトルが目に入ったらクリックしてしまいますよね。

それほどに記事のタイトルは重要です。

どんなに内容の素晴らしい記事がかけたとしても、タイトルに魅力がなければ誰にも読まれることはありませんもんね。

検索上位に表示されることで記事のクリック率が上がる

SISTRIX社が公開した2020年7月の検索順位別クリック率データによると

検索順位クリック率
1位28.5%
2位15.7%
3位11.0%
4位8.0%
5位7.2%
6位5.1%
7位4.0%
8位3.2%
9位2.8%
10位2.5%

※引用元:Why (almost) everything you knew about Google CTR is no longer valid – SISTRIX

1位で28.5%、10位だと2.5%という結果になり、いかに検索結果の上位に表示されるかがカギとなります。

タイトル文字は検索結果にも目立つよう大きく表示されるので、魅力的なタイトルであれば、想定読者の興味をひくことができます。

タイトルで差をつけることができれば、上位のサイトよりもクリックしてもらうことも可能ですよ。

SEO対策として簡単で効果が出るのが早い

タイトルの改善は、施策として簡単かつ、
効果が出るのも早い

なぜなら、記事をリライトするとき、内部リンクの設置や本文の修正は難易度も高く、時間もかかります。

それに比べると、タイトルの修正は30文字前後を改善するだけなので簡単です。修正して間もなくクリック率に大きく影響が出る場合もありますよ。

記事タイトルでやっちゃいけないこと

・伝えたいことを詰め込みすぎる
・タイトルと記事の内容が一致してない

記事タイトルには、伝えたいことをできるだけひとつに絞りましょう。

また、タイトルと記事の内容が一致していないと、読者はすぐにほかのサイトへ行ってしまうので要注意ですよ。

対策としては、記事のタイトルを決めたあとに「見出し」を作っていけば内容はブレにくくなります。タイトルと内容が一致することで、読者の満足度も上がり、あなたのサイトでの滞在時間も長くなります。

その結果、SEO効果も期待でき、検索エンジンからの評価も上がるわけです。

検索エンジン利用者の反応を確認する方法

答えはひとつ
Googleサーチコンソールを活用しましょう

Googleサーチコンソールでは主に、Googleの検索エンジンでのユーザーの行動が把握できます。

【サーチコンソールで確認できる情報

・クエリ(検索ワード)
・クリック数
・表示回数
・CTR(クリック率)
・掲載順位

まずは、記事の検索順位とクリック数を確認してみてください。

検索順位が低い場合、タイトルの改善が有効でもありますが、順位が高い場合でもタイトルを改善すべきときもあります。それは記事のクリック率が低いときです。

なぜなら、検索順位が高いのに、クリック率が低いという場合、検索結果のページで「この記事は読まなくていいや」と思われているからです。

また、ユーザーがあなたの記事にどんなキーワードで検索してたどり着いたかもわかりますよ。狙っているキーワード以外でたどり着いている場合、タイトルと内容が一致していない可能性があります。

そんなときは、タイトルを改善することで狙ったキーワードのクリック率アップが見込めますよ。

記事が読まれやすくなるアピール方法10選

記事 タイトル コツ

タイトルを決めるなんてもう簡単ですね。

記事タイトルをより魅力的にして
読んでもらう確率を高めましょう

記事タイトルにすぐに使えるワードやアピール方法を紹介していきますので、ぜひ自分の記事にあった方法を使ってみてくださいね。

記事タイトルに使えるアピール方法10選

  • 数字を使ってアピール
  • ターゲットを入れてアピール
  • 手軽さをアピール
  • 疑問系で問いかけてアピール
  • 「使い方」「方法」などの解決策でアピール
  • 比較してアピール
  • 体験談であることをアピール
  • ターゲットに呼びかけてアピール
  • 「性別」「年齢」でターゲットを明確にしてアピール
  • 情報を網羅していることをアピール

順番に解説していきますね。

①数字を使ってアピール

数字を入れることで、
簡単に具体性が増します

また、この記事にはこのくらいの情報が書いてありますよ、と教えることでめんどくさがり屋さんのターゲットにも「これだけの情報でいいんだ!?」と思ってくれてクリックしてくれますよ。

具体的な数字でアピール

・3ステップ
・10分で
・たった1日で
・5選
・7つのポイント
・2つの違い
・裏技9つ

ほかにも、ボクのお気に入りは、 「◯◯の使い方を20枚の画像で解説します」 や 「◯◯の評価を2000文字程度で解説」 と言ったタイトルです。

検索結果に出て来たときは、上位ではありませんでしたが、すごい親切だな〜とおもい、ついクリックしてしまいましたよ。

②ターゲットを入れてアピール

どんな人へ向けた記事なのかを
明確にする

理由はただひとつ、記事のタイトルをみた瞬間「あ!これ自分のことだ!」と思わせることができれば読んでもらえるからです。

ターゲットをしぼると、ターゲット以外の人には読んでもらえませんが、すべての人にウケようと書かれた記事ほど中身がうすくなってしまいます。

ターゲットを最大限にしぼった言葉こそが、心に響かせることができますよ。

ターゲットを明確にしてアピール

・初心者さん必見
・ランナーのためのトレーニング方法
・20代の女性におすすめ
・今すぐマッチョになりたいサラリーマンへ

③手軽さをアピール

誰でも簡単にできることをアピールする

なぜなら、「すこしでも楽したい」「むずかしいことはしたくない」というのが読者の本音だからです。

手軽さをアピールする

・すぐにできる
・シンプル
・誰でも
・無料
・初心者でも安心
・〜だけでOK
・楽ちん

手軽にできるものを紹介するときに使えますよ。

④疑問系で問いかけてピール

タイトルが疑問系になっていると、
ターゲットの好奇心を
くすぐることができます

検索エンジンを利用しているターゲットは、わからないことは解決したいという心理が働いています。この働きを利用することでターゲットの「続きが気になるな〜…」という気持ちにさせるわけです。

またターゲットは基本的に何かのギモンを抱えているので、「自分と同じギモンだ!」と共感されやすく、記事をクリックしてくれますよ。

問いかけてアピールする

・〜とは?
・〜してみませんか?
・夏までにやせたいですよね?
・今のままで大丈夫?

⑤「使い方」「方法」などの解決策でアピール

この記事を読めば、使い方や、
方法がわかることを示す

なぜなら、ターゲットは悩みやギモンを解決するために調べています。具体的な解決策を提示してあげることで、満足度は高まりますよ。

解決策を示してアピールする

・〜の使い方
・〜の方法
・〜の仕方
・〜の作り方
・ガイド

⑥比較してアピール

似ている商品や
サービスを紹介するときは、
情報を比べた方法がわかりやすい

そもそも比較記事は需要も高く読まれやすいですよ。メリットだけでなく、それぞれのデメリットも書いてあげると記事の信頼性もあがりますよ。

比較してアピールする

・~を徹底比較
・おすすめランキング
・人気の〇〇まとめ

⑦体験談であることをアピール

あなたの実体験であることを
アピールすることで
具体性が一気に増します

あなたの体験をもとに記事を書くと、具体性もあり、ほかの記事ではわからない情報を得られそう、という期待感が増します。

なのでタイトルで「体験談」をアピールするとクリックされやすいですよ。

「体験談」をアピールする

・【実録】
・【使ってみた】
・【実食】
・【レビュー】

記事タイトルのはじめにつけてもいいですが、タイトルの最後に加えても効果的ですよ。

⑧ターゲットに呼びかけてアピール

検索結果で「お!?なんだろう??」
とおもわせ、
目をとめてくれればOK

呼びかけるような記事タイトルにすることで、興味をひくことができますよ。

SNSで拡散するときに、とくに有効です。

読者に呼びかけてアピールする

・あなたはどうですか?
・あてはまったあなたは要注意!
・けっきょくどっち?
・まだ悩んでいるんですか?

⑨「性別」「年齢」でターゲットを明確にしてアピール

ターゲットのことだとおもわせるために、
「年齢」や「性別」、「職種」
などを入れてみましょう

なぜなら、WEB上で検索されても、タイトルは一瞬しか目に入りません。その一瞬にターゲットとの共通点が目につけばクリックされやすくなるからです。

「年齢」「性別」「職種」を入れてアピール

・女性美容師が手放せない道具5つ
・動画編集に欠かせないガジェット9選
・設計士がおすすめする30代のマイホーム
・元公務員がフリーランスになって後悔したこと

⑩情報を網羅していることをアピール

あなたの記事を読むだけで、
すべての内容が
わかるような情報を盛り込む

というのも、「調べる」ってめんどくさいですよね?

ほとんどの人も同じで、ターゲットは一度の検索や、ひとつのサイトですべてを知りたがっています。「この記事を読めばぜんぶわかりますよ!」とアピールすれば読まれやすくなりますよ。

情報の網羅性をアピールする

・【完全版】
・すべて公開
・【徹底解説】

おまけ:記事タイトルに使えるパワーワード集


興味をひくパワーワード集

・コツ
・検証
・結論
・悲報
・結果
・事実
・人気
・解決
・超絶
・今だけ
・裏ワザ
・非常識
・完全版
・保存版
・無料公開
・速攻解決
・◯◯に注目
・実はスゴい◯◯
・前代未聞の◯◯
・人生を変えた
・◯◯で失敗する理由
・誰も知らない本当の◯◯


まとめ

記事 タイトル コツ

クリック率の低い記事はタイトルを見直してみましょう

がじゃろぐ
おつかれさまでした。
がじゃろぐはん、おおきにっ!
さっそく記事のタイトル変えたるで~!
草野さん

この記事のまとめ

【SEO対策に効果的なタイトルの決めかた6パターン】
・タイトルにキーワードを含めて内容を明確にする
・タイトルは32文字前後で考える
・想定読者のジャンル、レベル感を伝える
・数字を盛りこんで具体的に表現する
・メリットよりもデメリットを伝える
・失敗を怖がる想定読者の心に訴える

【記事タイトルが重要な理由】
・検索上位に表示されることで記事のクリック率が上がる
・SEO対策として簡単かつ効果が出るのが早い
・記事タイトルでやっちゃいけないこと

【検索エンジン利用者の反応を確認する方法】
・Googleサーチコンソールをつかう

【サーチコンソールで確認できる情報】
・クエリ(検索ワード)
・クリック数
・表示回数
・CTR(クリック率)
・掲載順位

【記事タイトルに使えるアピール方法10選】
①数字を使ってアピール
②ターゲットを入れてアピール
③手軽さをアピール
④疑問系で問いかけてピール
⑤「使い方」「方法」などの解決策でアピール
⑥比較してアピール
⑦体験談であることをアピール
⑧ターゲットに呼びかけてアピール
⑨「性別」「年齢」でターゲットを明確にしてアピール
⑩情報を網羅していることをアピール

紹介した内容はすべて組み合わせることも可能ですし、絞って組み合わせることも可能です。

魅力的なタイトルにすることでクリック率が上がり、その結果、検索エンジンからの評価も上がりますのでぜひ意識してみてください。

WEB上で記事を書いているということは、世界中のたくさんの人に「この記事を読んでもらいたい」「この情報をいろんな人に届けたい」と思っているはずです。

その想いを届けるためにも、あなたの記事に魅力的なタイトルをつけてあげることは、記事にとって最高のプレゼントになりますよ。

\ もっともっと文章力を上げたい人におすすめの本3選 /

新着記事

>>新着記事一覧>>

 

当ブログはすべてリンクフリーです。Twitterでシェアいただきましたらリツートさせていただきますね。

被リンクを行う場合の許可や連絡は必要ありません。被リンクされる際は、「GAJALLOG」へのリンクである旨を明示くださればOK。

※本文や加工画像の使用についても、出典元の明記とリンクをしていただければかまいません。

がじゃろぐ
  • この記事を書いた人

がじゃろぐ

「好きな場所で好きなように働く」をコンセプトに、本業収入+副業収入(月平均13万円)で生計を立てています | 沖縄県リゾートワーケーション推進協議会所属 | 沖縄で休暇を満喫しながらお仕事できる人を応援します! | ワーケーションと相性バツグンなブログ運営での稼ぎ方も発信 | 44歳・沖縄県在住

-ブログ副業, ライティング
-, , , , ,